温泉とうつ病養生日記


by sekuharashirei
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

湯田温泉 国民宿舎小てる

f0213347_20385896.jpg

f0213347_2040633.jpg

宿屋としての玄関とは別に外湯としての入り口があります。
入浴はこちらから。




地元、湯田温泉。
先に特徴、と言うよりも問題点を語っておきましょう。
湯田温泉では基本的に温泉は組合からの配給になっています。
別々の源泉からの湯を一カ所に一度集め、そこから加盟の宿に給湯します。
よって、それぞれの源泉の特徴が無くなり「ミックス泉」となります。
新鮮度も落ち、硫黄臭など飛んでしまって消えています。
また温度が高いため加水されています。

さて、私のデフォルトの温泉小てる。
湯田温泉では数少ない共同湯としての立場を維持しています。
残念ながら例に漏れずミックス泉のため、温泉としての特徴はありません。
半循環です。殺菌もされているようです。
ただ、塩素臭などそれを感じるものはありません。
アルカリ性単純泉はせめて硫黄臭か湯の花の一つも浮いてなければ詐欺、という私の基準からいうと詐欺っぽくなってしまいますが。
その点自家源泉を持ち硫黄臭のある三愛ビジネスホテルは穴場として貴重なわけです。

f0213347_2058018.jpg

脱衣場。小汚い服は私のです。w
f0213347_20585364.jpg

浴槽はこんな感じ。湯気でレンズが曇ってしまいました。

ここは知る人ぞ知る存在で、利用者が多くなく(私は嬉しいですが、経営的には困りますね。)マナーも比較的良く清潔に保たれています。
湯は熱め。長湯には向きません。
一人のことが多いので思わず泳ぎたくなります。(←不可)
最近は三愛ビジネスホテルや、休職中で時間に余裕があるのでふれあい館へ行く機会が増えて足が遠のきがちですが、バリバリ働いているときは疲れを取るためほとんど毎日ここに通いました。家のお風呂じゃダメなんです。
復職すればまた毎日お世話になることでしょう。
いつまでもこのままあり続けて欲しい温泉なのです。
最近宿泊客が減ったと女将さんも嘆いておられます(湯田温泉全体としても)。
山口へお越しの際はぜひご利用ください。

泉質:アルカリ性単純泉
料金:400円
営業時間:午前7時〜午後0時。午後3時〜午後10時。
[PR]
by sekuharashirei | 2010-04-08 21:23 | 温泉