温泉とうつ病養生日記


by sekuharashirei
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

SAS簡易検査の結果は黒(暫定)

睡眠時無呼吸症候群簡易検査の結果が出ました。

中程度の睡眠時無呼吸症候群だが、酸素濃度は重症者並みに低いので注意が必要

とのことでした。やれやれ。
しかしこれで睡眠の質が悪い理由がハッキリしたかなという感じ。
起床時の異様な疲れ、落ち込み、寝汗、睡眠充足感の無さ。これで説明できます。

SASを判定する際に使われる指標としては無呼吸低呼吸指数(AHI)がメインのようです。
無呼吸と低呼吸(普段の20%以下の呼吸が10秒以上続く状態)が1時間に何回起きるかを計ったものです。
これが10以上で睡眠時無呼吸症候群と診断するようですが、私は

無呼吸低呼吸指数(AHI):31.2回/時

でした。う〜ん。(~_~;)
この数字で中程度の睡眠時無呼吸と診断されたわけですね。きっと。
詳しく見ると無呼吸が2.8回/時。低呼吸が28.3回/時。

オレって1時間に30回も息がとまってんの?

という素朴で残念な疑問がついてまわりますが。
平均で28秒無呼吸低呼吸。最大で144秒も……。
144秒……!? 2分14秒?
私は起きている間でも2分も息を止めることはできませんけど?
まあ完全に止まっていたのでは無くて低呼吸だったんでしょうけど、それにしても。
明け方5時40分に起きたらしいが、これってほとんど突然死寸前では? (^_^;

この数字はまあ普通(?)なのですが、私の場合はそれに比して酸素濃度が低いことが問題なのだそうで。
一応わかりにくい指数が出ております。

SpO2降下指数(ODI):10.6回/時

この数字はわかりにくいので説明も省きますが、重要なのは血中酸素濃度です

酸素濃度95〜100%:48.0%
    90〜95%:50.4%
    85〜90%:1.6%

私の場合、寝ている間は起きている間に比べて1割くらい血中酸素濃度が低いと言えるでしょう。
これは結構低い数字のようです。AHIの値に比べて低酸素状態が酷いと言うことです。
極端な良い方をすれば呼吸がいくら乱れようとも血中酸素濃度が変わらなければ問題無いわけで。
酸素が必要だから呼吸をしているんで、いくら呼吸が正常でも酸素濃度が低ければ問題があるのです。
低酸素脳症になってしまう。
だから突然死が起きてしまうんですね。

まあ私は寝ている間にポックリ苦しまずに死ぬことを望んでいましたから望みどおりと言えますが、
それはポックリ死ねたらの場合で、毎日起きたら辛いんですよね。
ポックリ逝けずに脳梗塞で障害が残るとか論外です。

まあそこまで深刻では無いのでしょうが、嫌な数字ですねえ。

ところがこのままではあのマスクを付ける治療は保険適用外になるので精密検査を受けることになりました。
なんでも上記の無呼吸低呼吸指数(AHI)が簡易検査では40以上でないと保険が適用されないそうです。
精密検査では20以上でOKらしいです。

それってどういうこと? という素朴な納得できないものがありますが。
ちなみに心療内科医は検査結果を見て
「これ酷いよねえ……? これって無呼吸だよねえ……? なんで治療が受けられないの?」
という素朴な疑問を持ったようですが、お国の基準はそういうことになっているらしい。

血中酸素濃度が高ければ問題無いんですが、私の場合低いので治療すべきと判断され、
精密検査と相成ったわけです。
最初から精密検査にしてくれよ……。

どこかに入院するのかなあと思ったのですが、自宅でできるようです。
ただし簡易検査と違ってさすがに素人が計測機器をセットすることは無理なので
閉院前に寝間着で耳鼻科へ行って、業者さんが機器を身体に取り付けて、
そのまま帰って寝て計測するのだそうで。

夕食はどうするのかなあ。
食べられませんよねえ。付けたままでは。聞いとけば良かった。
もちろんクルマの運転もできませんから、検査の日は母に送り迎えしてもらう予定です。
怪しいので帰りにコンビニとか寄れません。(^_^;

簡易検査キットでも付けて寝るのは違和感があったのに、今度は眠れるかしら。
何だか不安です。
やるなら早くやって少しでも早く治療を受けてグッスリ眠りたいのですが、
順番待ちで業者が空いているのが10日以上先とのこと。
一番近い日を取ってもらいましたが、待たされますね。これまた不安です。
寝ている間にグッタリ疲れて寝汗ビッショリのあの感覚はもう味わいたくありません。
今日もそうでしたが……。
こうなったら早く検査を済ませてしまいたいです。

ところが確定したらしたで、あの寝るときに付けるマスクを付けるにはまた業者が設定に来るそうで
また待つことになりそうです。
連休明けになりそうな嫌な予感。
機器レンタル費用が月5000円もかかるのは痛いけど、症状の改善に期待したい。
眠りが良くなれば仕事に就ける日も早くなると言うものです。
そう考えることにしましょう。
                        【つづく】



押していただけると励みになります。
    ↓
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村
[PR]
by sekuharashirei | 2012-04-14 21:46 | うつ